看護師という職業

看護師とは入院療養中の闘病中の方々、あるいは出産直後の女性のお世話をしたり、医師の診療に際して補助を行う職業の人達の総称であり、看護師という資格そのものを指す言葉でもあります。
一昔前までは女性看護師を看護婦、男性は看護士と別称でしたが、2001年に保険師助産師看護師法が改訂施行された事で、翌年3月より男女双方共看護師で統一されています。

また看護師の養成機関としては、一昔前は看護学校に代表されていましたが、昨今は大学や各種専門学校など、教育機関の数も増加しており、看護師を目指す人達が選択可能な環境が整っています。
求人状況に関しては、各医療機関がその規模を大きくする傾向が見られ、また高齢化に拍車が掛かる現状もあり、慢性的な看護師不足が囁かれている事は周知の通りです。
皆さんも街中の病院前に「看護師急募」の求人告知を目にされたご記憶をお持ちでしょう。
また勤務時間も変則的な厳しい職責であるのも事実であり、強い志を持って看護師として現場に着任から努力を続けた結果、体力的に継続が難しく、看護師として仕事を続けて行く事が困難となった方々の存在も否定出来ません。

それでも「人のために働きたい」「病気と闘う患者さんやご家族の力になりたい」との強い意志をお持ちであれば、看護師は十分以上の「やり甲斐」を実感出来る、誇り高き職業である事に違いはありません。
年齢的にも十代から看護師を目指さねばならないとは限らず、社会人経験を経て看護師を目指し、今日現場で活躍されている方々も数え切れません。


<注目サイト>
介護事業の経営を支援しているサポートソフトです…介護支援ソフト

Copyright © 2014 30~40代から看護師を目指してもいい? All Rights Reserved.